<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

庭の花 & サガン鳥栖   

            庭の花たち。
e0130465_917581.jpg


e0130465_917484.jpg


e0130465_917309.jpg


e0130465_9161279.jpg


e0130465_9155612.jpg

花の写真は4日程前に撮っていたのですが、アップするのが遅くなってしまいました(^_^;)

e0130465_13294517.gif

所用があり、佐賀県鳥栖市へ。
鳥栖は九州交通の分岐点・結節点ですが、サッカー『 サガン鳥栖 』の本拠地でもあります。 『 サガン鳥栖 』は 長年の悲願のJ1昇格をついに果たし、今年の4月から ぴかぴかながら、J1で大変頑張っています
e0130465_1024890.jpg

JR鳥栖駅のすぐ目の前の緑豊かな中に、立派なスタジアムがあります。
e0130465_1023971.jpg

e0130465_1023569.jpg

e0130465_10233466.jpg

サッカーはまだ、生では見たことはありませんが、初の地元のJ1チーム。
市民・県民、皆で応援しています058.gif058.gif058.gif




          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
[PR]

by andante61 | 2012-04-25 13:38

北陸の旅 その3 (完)   

[ 3日目 ]
朝はまず、梅干と 美味しい緑茶を入れて下さいました。その後 朝食。
e0130465_14344524.jpg

たぶん、最初で最後の 「加賀屋さん」   お部屋から七尾湾の美しい景色を眺めながら、ゆっくりいただきました。冥土の土産?(^^) には少々早いかな、ですが、でも、加賀屋での18時間の滞在は、本当にそのような感じでした。

   出発の際にも、若女将さんがお見送りに出てきて下さっておりました。
e0130465_1525091.jpg

e0130465_14404735.jpg

カメラのシャッターを押して下さったり、一緒に記念写真におさまって下さったり。 皆さん、お話が尽きません(笑)  
9:00出発。お互い、見えなくなるまで手を振って お別れしました。

バスで北上、輪島の朝市へ。20年ぶりでしたが、やや期待外れ。わが佐賀県の呼子の朝市の方が、ずっと活気があって良いと思いました。
地元びいきかな?001.gif
e0130465_1513116.jpg

     
その後、これも観光の定番、能登金剛・巌門(がんもん)へ。昼食後、観光です。

能登金剛の名は、北朝鮮にある金剛山が海に張り出し、千変万化の岩礁美をもって海金剛と呼ばれているところから、その景勝に勝るとも劣らない日本の国定公園として名付けられたそうです。約20分の遊覧船も出ているのですが、この日は波が高くて残念ながら欠航でした。007.gif
e0130465_1515325.jpg

『ゼロの焦点』は、松本清張の長編推理小説です。1961年と2009年の2回、映画化されました。金沢、そして能登金剛が舞台です。
松本清張と「加賀屋」も、親しい深いお付き合いがあったそうです。
e0130465_1521636.jpg

e0130465_1523543.jpg


          JR金沢駅へ。
e0130465_1531514.jpg

             ↓ ここから これに乗ります。
e0130465_1544062.jpg

金沢駅発16:01のサンダーバード34号で、新大阪着18:32。乗り換えです。新幹線のホームへ。 わっ! 向こう側に 新幹線さくらがいました ↓
e0130465_1514093.jpg

これに乗れば、新大阪から鹿児島まで、4時間ちょっとで行けるのです。旅好きの皆さん、ざわざわ003.gif  でも 私たちは こちらです~↓
e0130465_15101193.jpg

新大阪発19:09の のぞみ49号の中で幕の内弁当の夕食。博多駅に21:43 無事に到着。まだまだ自宅は遠いのですが、ツアーはここで解散でした。

旅の記録として手短に、と思っていたのですが…。
随分長くなってしまいました(^_^;) 旅行記の難しさをあらためて感じております。見て下さった方、ありがとうございました。



               
      。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]

by andante61 | 2012-04-18 16:50

北陸の旅 その2   

2日目の続きです。
少しでも早い宿入りをと、バスは快調に進んでいたのですが、少々早すぎました。べテランガイドさんが、 「 今日のお宿は、やはり15時を過ぎてからの到着の方が、お出迎えが違います 」と。
それで少し時間調整をすることになり、予定には入っていなかったのですが、ドライバーさんとガイドさんのご配慮で、能登島大橋を渡って、能登島へ行くことになりました♪ 

e0130465_13493796.jpg

e0130465_1350177.jpg

能登島(のとじま)は、石川県七尾市の七尾湾をふさぐような形で浮かぶ、けっこう大きな島です。1982年、対岸の和倉温泉地区とを結ぶ、立派な『 能登島大橋 』が開通し、島の発展にも つながりました。 一島で一町(能登島町)でしたが、2004年10月1日合併により、七尾市の一部になったそうです。
青い海と空。まっすぐに伸びた美しい橋を渡ります。島の展望台からは、海の向こうに和倉の温泉街が眺められました。

ちょうど良い時間となり、宿入りです。8名のこのツアーの皆さんが一番楽しみにしていた、「 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 」で、31年連続総合日本一の座を守り続ける、和倉温泉「 加賀屋 」です。
「加賀屋」の若女将さんと10数人の方々が、私たちのバスを迎えて下さいました!(^^)!

秘かに、“ 加賀屋若女将の隠れファン ” を自認する私。お忙しい若女将さん。ちらっとでもお見かけできれば、と思っていたのですが、バス到着時にお出迎え。感激でした♪♪ 同じツアーの皆さんも、わぁ~っ!と。
e0130465_11365595.jpg


若女将さんは福岡のご出身。客室乗務員を経てご結婚。加賀屋の全部署を研修しながらの女将修業。5歳の男の子のお母さんでもあります。


昨年3月にオープンしたJR博多シティにあるレストラン「加賀屋 博多店」の立ち上げのときも、故郷福岡のために尽力されました。美人で聡明でパワフル。
お写真はネットからお借りしました。



部屋係りの方に案内されてお部屋へ。お抹茶とお菓子をいただきました。広い広い加賀屋さん。どこをどう見ればいいのか、わかりません。宿泊者のための、約1時間の館内ツアーがあるというので、それに参加することにしました。

                               和倉温泉「加賀屋」

加賀屋のベテラン従業員(男性)の方の案内、説明つきで、写真撮影は全て、OKということでした。
e0130465_1614183.jpg

館内を彩る数々の一流の美術品・調度品。館内全体が、巨大な美術館のようでした。これは極々、一部です。
e0130465_16142378.jpg

私たちが泊まった「雪月花」の最上階 18~20階は、賓客のための特別階「浜離宮」 普通の人はとても入れないところですが、このツアーで一部、少しだけ入れました。私は写真を撮っていて気がつかなかったのですが、、主人が言うには、案内の方もICカードのようなものをかざして扉を開けられたそうです。皇室の方はこちらにお泊りのようです。
e0130465_1647169.jpg

e0130465_16473570.jpg

            
館内ツアーのお蔭で少しだけ加賀屋のことが分かりました。その後の夕食。
e0130465_16152044.jpg

夕食を始めて20分位過ぎたころ、若女将さんがお部屋回りのご挨拶に!♪   想定外のことで、ちょっとあわてました。8名とはいえ、ツアーの団体客ですから、女将さんのお部屋回りはないと思っておりました。
三つ指をついてのご挨拶は、絵のように美しく…。 
ますます、ファンになりました。016.gif

夕食後も館内は大変な賑わいでしたが、長くなってきました。2回で終わりたかったのですが無理でした。 
    あと1回アンダンテで頑張って、[ 完 ] といたしますm(__)m 



          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]

by andante61 | 2012-04-15 14:02

北陸の旅 その1   

JR博多駅発着の、2泊3日の北陸への旅。3月下旬のことでした。
旅の記録として手短に、と思っておりますが、どうなるでしょうか…。

  【1日目】
博多駅発9:30 のぞみ20号で、新大阪駅着11:58。 昼食は車中で、岡山の祭り寿司のお弁当。新大阪駅発12:46の サンダーバード21号に乗車。
e0130465_1683217.jpg

途中、山間部では かなりの積雪でした。 14:45に芦原(あわら)温泉駅下車。迎えの車で、宿入りは15時。 早っ!!

このツアーは、『 いい宿をゆっくり楽しみましょう 』というもので、早い宿入りと、翌朝ゆっくりの出発なのです。
      なんか、年寄り向きだな~037.gif   立派な年寄りですが…041.gif

同じツアーの方が、この芦原温泉にしかないという銘菓をどうしても買いたいと言われ、そのお店まで、宿の車で送迎してもらいました。このツアー、たったの8名。添乗員さんをいれても9名です。仲良く、全員で行きました
『 浅野耕月堂 』というお店の、『 松乃露 』という上品なお菓子。このお店に足を運ばなければ買えないということで、全員、お買い上げでした。(^o^)
e0130465_1693215.jpg

ホテルに戻りました。露天風呂付きのお部屋で、夕・朝食とも お部屋食。
e0130465_14414424.jpg

                   泊まったホテルはこちらです。

  【2日目】
朝食もお部屋に運んできて下さって ありがたいことですが、夫婦二人だけで 少し寂しい感じも。朝食は、寝起きの脳の活性化のためにも(笑)、にぎやかなバイキングでもいいなあと。。。001.gif
8:30ホテルを出発。添乗員さんまで入れて9名なのに、立派な大型観光バスでした。金沢の ひがし茶屋街へ。
e0130465_16101531.jpg

e0130465_16334496.jpg

昔の料亭街で、中でも、金沢市指定保存建造物である、『懐華樓』は、金沢で一番大きな築190年以上のお茶屋です。
e0130465_14254752.jpg

昼は一般にも公開。(有料です) 夜は一見さんお断りで、今もなお、粋で華やかな お座敷が上げられているそうです。昼間は “ 懐華樓カフェ ”で、お抹茶やぜんざいなども楽しめますが、ちらっと見たところでは(笑)、金箔入りくずきりが 確か、1500円だったような(^o^) 
他にも お店がいろいろあって、ゆっくり散策しました。 

その後、金沢の観光では定番の兼六園へ。雪吊りの名庭ですが、雪吊りは3月中頃までだったそうで、皆さん、残念がっておられました。001.gif
       

             ↓ 亀の形に見える島と、有名な ことじ灯篭。
e0130465_16495611.jpg

e0130465_16501349.jpg

こちらで 治部煮御膳の昼食。その後、『 千里浜なぎさドライブウェイ 』へ。
  
  ↓  大型バスも乗用車も、こんなに海のすぐそば、波打ち際を突っ走ります。                                2枚とも、バスの中から撮りました。

e0130465_16505162.jpg

e0130465_14293130.jpg

今日の観光はこれで終わりです。少しでも早い宿入りをと、バスは和倉温泉のお宿を目指します。059.gif
      この日も15時には宿入りとなりそうです~早っ!!(^^)!




          
           。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。                          
[PR]

by andante61 | 2012-04-10 10:30

すっくと伸びた ふきのとう   

3月下旬に2泊3日の旅。帰ってきた直後から、所用・雑用・野暮用と立て続けに入り、多忙な日々となりました。やっとやっと少し落ち着き、気がつけば、開花が遅れていた今年の桜も もう満開。ああ、満開の桜も見たいな~。

e0130465_1413791.gif


庭の片隅で、とり忘れたふきのとうがふたつ、伸びているのに気がつきました。ふたつとも40cm位の高さ。こういうのは初めて見ました。多忙だったこの数日。いやなことや落ち込みそうになることもありました。でも、すっくと伸びた 若草色のふきのとうをみつけて、美しいなあと…。優しいけれど 強さを感じました。
「元気をだして!」 「ドンマイ!」 と、言ってくれているような気がしました。
切って、台所の窓辺に ぼけの花と一緒に飾りました。

             逆光で、うまく撮れていませんが…。
e0130465_13553791.jpg

3月下旬の北陸への旅。旅の記録として手短でも ブログに残しておきたいと思っていますが、まだ写真の整理もできておりません。ゆっくり アンダンテで…。
お暇の折にまた覗いてみて下されば嬉しいです。e0130465_1646348.gif





          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]

by andante61 | 2012-04-05 11:32