<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

台北の旅  その2   

3日目  台湾北東部観光。

台北市内からバスに揺られて、あたりはだんだん田舎の景色になってきます。ようやく十份に着きました。
e0130465_16313830.jpg

映画「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったところで、ローカルでのんびりした風情が漂っています。ここは2月の旧正月にランタンのお祭りがあり、夜まで大変多くの人で賑わうそうです。
普段も、ランタンに願い事を書いて飛ばすことができます。(有料です) ランタンは思ったよりも大きくて、色も好きなものを選べます。水色のランタンを飛ばしている人がいました。 時間が足りなくて私はできなかったので、写真だけでも。

e0130465_10513931.jpg


       ↓ 夜のランタン。ランタンはやはり夜がきれい。


                ↑ この映像は、夏のお祭りかもしれません。


e0130465_1632714.jpg


この十份駅から平渓線のローカル列車に乗りました。瑞芳駅まで20分ほどの列車の旅。運賃は20元。日本円で60円でした。安いですね。





瑞芳駅で下車。バスで大分走って、九份着。九份も「千と千尋の神隠し」のモデルになった街です。両側にお店がびっしり並んでいました。
e0130465_13393899.jpg

e0130465_1340859.jpg



← 映画にも登場したという、「阿妹茶酒館」という大きなレストランが右上にありました。狭い急な石段が多いレトロな街並みです。この石段から左手に上がったところで郷土料理の昼食でしたが、写真がありません。(T_T)







    野柳地質公園 。
海から浸食され長い年月をかけてできた、奇岩・珍岩・怪石が並びます。自然の持つ力と不思議さを感じました。
e0130465_14451699.jpg

↓ この公園で見た、珍しい花といいますか、木です。『 射干 鳶尾科 』と書いてありました。
e0130465_16212760.jpg


    この後、港町・基隆の町が見渡せる中正公園へ。
    大きな観音さまと2匹の虎がお出迎え♪
e0130465_1449519.jpg


夕食後、台北101ビル( TAIPEI 101 )へ。

e0130465_14562772.jpg

高さ508m。2004年に世界で一番高い建造物と認定されましたが、数年後、ドバイにできた建物に抜かれて、現在は世界で二番目です。
でも、ドバイは地震がない国。台湾は日本と同じで地震の多い国ですから、どんな地震にも耐える高層の建物を建てる技術は台湾が上だ、と台湾の人は自信を持っているそうです003.gif







e0130465_1551721.jpg

世界最速のエレベーターで、37秒で89階の展望台へ。
ここから見た夜景。イヤホーンでの案内を聞きながら、パノラマで360度、見て回るのは忙しいです。









e0130465_15104678.jpg

↑ 帰りのバスの中から見た居酒屋さん。経営者は日本人でしょうね。台湾からもたくさんの応援の声が聞こえました。現地添乗員さんも会社の皆さんと一緒に募金して下さったそうです。本当に、「日本ガンバレ!」です。


4日目   午前の飛行機で帰ります。空港で出会ったキティちゃん
                  大きいです~!
e0130465_15492679.jpg

      これからどこへ行くのかな? 「行ってらっしゃい♪ 気をつけてね」
        

           これは なに??? 
e0130465_15203210.jpg

九份の小さなお店で買いました。
マスクです016.gif あんまり可愛いかったので、つい買ったのですが、目立って目立って、とても使えませんね。
現地添乗員さんに、「こういうのを実際に使う人がいるんですか?」と尋ねましたら、とってもまじめな顔で、「バイクや自転車で走るときにいいですよ~」とのこと。
バイクは持っています。たま~に乗ります。
思い切って、このマスクで走ってみようかな。勇気があるでしょうか041.gif

TAIPEI 101 のエレベーター2基の速度は分速1010m。これにはとても及びませんが、大急ぎで走りました。読んで下さってありがとうございました。m(__)m


e0130465_1558482.gif

[PR]

by andante61 | 2011-05-29 11:08

台北の旅  その1   

旅は、行く前と帰ってきてからが忙しいです。
旅行中は上げ膳・据え膳で極楽ですが、旅行の前後は特に女は雑用が多くて、行く前に疲れました。042.gif
台北へ行って来ました。ブログは無理せずぼちぼちと、と思っておりますが、記憶が薄れないうちに少しづつ…。台湾の台北だけを3泊でしたので、それほど強行軍ではない中高年向きの旅でした。良かったら、読み流して下さいね。

1日目  福岡空港から台北へ。2時間弱です。

       迎えの観光バスで、まず龍山寺へ。
e0130465_19595980.jpg

1738年に建立された台北市最古の仏教と道教の寺廟です。様々な神が祀られていますので、どんな祈願もできます。何か所もお参りするところがあり、生年月日・名前・住所・願い事を神さまにお伝えして、祈願して回ります。私も長い線香を持って真剣に(笑)お願いして回りました。


e0130465_19554848.jpg
蒋介石の偉業を記念して建てられた壮大な白亜の建造物、中正祈念堂。建物内には蒋介石の銅像が安置されています。広い敷地内には音楽庁や戯劇院もあり、緑も多くて綺麗でした。





出発の前日、ネットで台北の天気を調べたのですが、4日間みな雨。それも70~90%とかなり高い確率でした。それで、しっかり雨の準備万端整えて、帽子は使うことはないだろうとわざわざ置いて行ったのです。と、ところが、台北に着いたら快晴!暑い!058.gif
ネットの天気予報は当てにはならないんだなあと、思い知らされました。026.gif

     夕方行った士林夜市。ここでやっと帽子を買うことができました。
e0130465_20292187.jpg

e0130465_20294366.jpg


その帽子です。ちょっと可愛過ぎですね~?012.gif







2日目  中烈祠。
e0130465_2141527.jpg

豪壮な中国宮殿様式の霊廟で、戦争で犠牲となった数十万の将兵が祀られています。
e0130465_2145732.jpg
毎時丁度に行われる衛兵交代式が有名ですが、普通の交代式は20~30人位だと思いますが、私たちが行ったこの日の午前9時の交代式は、現地の人も20数年ぶりに見たという、200人以上の衛兵の、一糸乱れぬ圧巻の見事な交代式でした。

     

        国立故宮博物院。
e0130465_21133365.jpg

入口のすぐ近くまでバスも行けますので楽ですが、でもそれでは、美しい故宮博物院の建物全体を眺めることがあまりできません。乗り物は下で降りて、故宮博物院の建物を見上げながら、ゆっくりゆっくり階段を上っていくのが好きです。博物院の中は撮影禁止でした。

   昼食。日本にも出店している、小龍包が美味しいお店です。
e0130465_21512168.jpg

e0130465_21150100.jpg


台湾で有名な温泉郷。源泉があちらこちらから沸く池、地熱谷。
e0130465_215469.jpg 

このすぐ近くに、日本から進出してきた高級温泉旅館、『加賀屋』がありました。日本の加賀屋と全く同じ、格調高い和のおもてなし。台湾でもかなりお高くて、外国からの観光客ではなく、台湾の富裕層のお客さまが多いそうです。




その後、『北投温泉博物館』や、淡水河右岸にある『漁人碼頭』など回りました。
   ↓ 漁人碼頭です。
     海と河の眺めが美しく、地元の人にも人気で、大変賑わっておりました。
e0130465_2275931.jpg

e0130465_2281742.jpg

    石鍋料理の夕食後ホテルに戻り、2日目が終わりました。  

3日目は、前から行きたいと思っていた十份・九份です。駆け足で写真を並べただけになりましたが、お暇の折、あと1回お付き合い下さいませ。m(__)m


e0130465_1033565.gif

[PR]

by andante61 | 2011-05-27 16:22

北京・天津の旅  その3   

3日目の午後に行った、世界遺産 天壇。
敷地はずいぶん広くて公園になっており、笑顔のお年寄りの集まりがあちらこちらに見られました。おしゃべりしたり、トランプをしたり、大極拳をしたり。入場料が要るのですが、このお年寄りたちは年間パスを買っているそうです。001.gif
広大な敷地内にいくつかの建築物が配置されていて、その中で最も荘厳で美しいのがこの祈念殿で、皇帝が天に五穀豊穣を祈願するところです.
e0130465_16342821.jpg


その後、ツアーではお決まりの宝石店やお土産屋さんなども見て、北京ダックの夕食。そして京劇観賞へ。

劇場のロビーでは、京劇の俳優さんがメーキャップしていく様子を見せて下さっておりました。日本の歌舞伎の役者さんも、メークはご自分でされるのでしたね。
e0130465_16351898.jpg

ところがメークの最中に、左の女性の携帯に電話がかかってきました。言葉は分かりませんが、明らかに個人的な電話です。外国からの観光客もたくさん見ているのに、女性はメークの手を止めて悠々と長いおしゃべりを! 日本では考えられません。これも中国ならではの光景でした。037.gif
イヤホーンも借りていましたが、この日の京劇はちょっと眠たかった…026.gif
      出し物は、その日によって違うそうです。
e0130465_16354181.jpg


4日目  北京動物園でパンダとご対面。
  「おはよう」と言ったら、「ニイハオ」と応えてくれたような気が…。016.gif
e0130465_11142599.jpg

北京から天津へ。バスで2時間ほどです。
明・清代の中国古来の文化と、租界時代に築かれた西洋文化が融合した街並みが魅力なのですが、あいにくの雨となりました。
e0130465_11151766.jpg

天津古文化街に着くころには、雨も上がりました。通りの両側に古い中国様式の建物が立ち並び、骨董品や手作りの民芸品、古書、文房具などの店がたくさんあり、散策しながら昔の雰囲気も味わうことができます。800年以上の歴史があるそうです。
e0130465_1116471.jpg

e0130465_11162679.jpg

          天津での夕食レストランで。
e0130465_1116595.jpg

         天津の夕暮れ。
e0130465_11173616.jpg

天津も高層ビルが立ち並ぶ大都会でした。長崎から来られた男性が、「天津がこんなに都会とは思わんかった。長崎が負けとる~」と何度もおっしゃっておりました。003.gif

5日目  ホテルで朝食。天津空港へ。
天気は快晴。8:40発の飛行機で福岡へ帰ります。
しかし…飛行機は飛ぶ気配がありません。機体の整備中、という短い説明のみ。中国で飛行機が遅れることは、よくあることです。待つしかありませんね。
皆さん、「またかぁ~」くらいで、談笑していましたら…
e0130465_11182150.jpg

↑ この飛行機に乗る予定の人、全員に配られました。お待たせしているお詫びということです。結果的には1時間20分の遅れでした。この程度の遅れで、こういうものが配られるのは、中国では珍しいと思います。
飛行機は無事に飛び立ち、福岡空港へ帰ってきました。058.gif

長くなりました。読んで下さった方、本当にありがとうございました。m(__)m



e0130465_21345699.gif

[PR]

by andante61 | 2011-05-15 14:53

北京・天津の旅  その2   

宇宙から確認できる唯一の建築物である万里の長城。
八達嶺登城口から、左側は男坂と呼ばれる急勾配の坂。右側が女坂と呼ばれる、わりとなだらかな坂です。でも登ってみると女坂もけっこう大変です。

ここに、数年前ロープウェイができたのです! 案内書などには、『 行きも帰りもロープウェイで楽々 』と書いてあります。ロープウェイができてから行ったのは初めてでした。男坂も女坂も自分の足で登らなくていいので楽ちんです。
早速ロープウェイに乗りました。
e0130465_1417307.jpg

昨年秋頃は従業員のストライキで、このロープウェイはストップしていたそうです。世界中から観光客が来る人気の世界遺産なのに、国は我関せず。。。。
中国らしいですね。(^^) 
どのようにして治まったのかは分かりませんが、今は動いていました♪
e0130465_1418534.jpg

↑ ロープウェイで楽々、ということでしたが、ロープウェイを降りたあとも、まだまだ石の坂道・石の階段がありました!(@_@;) 皆さん、少しでも高いところへ行こうと頑張って登って行きます。しかし…この坂がまた急勾配でキツイのです! 私は早々にギブアップ。でも八達嶺から登る思いをすれば、ロープウェイのお蔭でかなり高いところまで一気に来れたということになります。
     
     ↓ 6人乗り、片道約6分のロープウェイ。かなり揺れて怖いです。
e0130465_14182891.jpg

e0130465_14185643.jpg


e0130465_14192331.jpg

↑ 北京の夕方です。初めて中国に来たのは16年前でした。そのときは自転車の多さに圧倒されました。今では自転車はこんな感じで、とても少なくなりました。その分、大型の高級車がたくさんたくさん走っています。

3日目  天安門広場
e0130465_1547489.jpg

故宮博物院
e0130465_15483621.jpg

↓ 中国式水筒。 中国茶、美味しいでしょうね~。
中国でペットボトルの緑茶を買うと、必ず砂糖(糖分)が入っています021.gif 
緑茶は買わない方が賢明です。
e0130465_15485955.jpg

この故宮博物院の中で、同じツアーの方の財布が盗られました(>_<) 
故宮博物院の中の休憩所兼売店でこの女性は、47万円の掛け軸を30万円にまけると言われて、ポンとカードで買われたのです。すごいですね~。でも、本物でしょうか? 偽物かも…? 
すっかりいい気分になられて気のゆるみがあったのかもしれませんね。振り返ってみればこの直後でした。ファスナーを閉め忘れていたバッグの中から財布が消えていたということでした。あの売店で、すでに、お金持ちの日本人、と目をつけられていたのではないかと…。3~4人が連携しながら盗ることもあるそうです。持ってもいない私たちの方が、かえって注意していますね~041.gif
現地添乗員さんが、カードのストップなどなど手を尽くして下さっていました。
e0130465_15494457.jpg


e0130465_1550943.jpg

        ↑ この日の昼食です。

長くなるばかりで、なかなか先に進みません。あと1回お付き合い下さいませ。



e0130465_16574063.gif

  
[PR]

by andante61 | 2011-05-06 14:15