<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

軍艦島 & 長崎ランタンまつり   

2月上旬、長崎に行きました。その後、ボーッと過ごしておりましたら、私が長崎に行ったことをご存じのブログ友さんから、「ご無理でなければ、長崎の旅をアップしていただけませんか」と言ってきたのです♪(@_@;)♪ 
ブログアップはパスしようと思っていた私…(*^_^*)  でも、見たいと言って下さる方がいるのは有り難いことです。気を立て直して少し頑張ってみようと思いました。写真を並べるだけになるかもしれませんが。

          。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
      
長崎 軍艦島。正式な名前は、端島(はしま)。かつて本格的海底炭鉱として栄えた小さな小さな島です。1974年炭鉱が閉山となってからは無人島となり、長い眠りについていましたが、2009年から上陸できるようになりました。

長崎港ターミナルビルでチケットを買って(予約が必要です。私は前日に電話で予約しました)クルーズ船に乗ります。片道1時間の船旅です。
e0130465_22182437.jpg

船の中で配られたこのカードを首から下げて、上陸の準備をします。
e0130465_2219020.jpg

軍艦島。塀が島全体を囲い、高層鉄筋アパートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになったそうです。
e0130465_22193298.jpg

上陸後、同じ船に乗ってこられた長崎のボランティア観光ガイドさんのお話を聞きながら約50分間、島内を見学しながら歩きます。
e0130465_22201880.jpg

現在ほとんど崩壊している建物は、かつて海底炭鉱として栄えた賑わいを彷彿させ、胸が痛む思いでした。
e0130465_22204939.jpg

      ↓ 遠ざかる軍艦島。まさに波間に浮かぶ軍艦のようでした。。。。
e0130465_22212472.jpg

軍艦島のことは、こちらに詳しく載っております。
軍艦島

       。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この前日は、長崎ランタンまつりに行きました。ランタンまつりも大変綺麗でしたが、私には初めて行った軍艦島の方がより強く印象に残りましたので、軍艦島を先に載せました。m(__)m

e0130465_22231920.jpg

長崎ランタンフェスティバル。今年は2月3日から2月17日までです。

『このお祭りは、長崎在住の華僑の人々が、中国の旧正月(春節)を祝うための行事として始めたもので、もともと「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行なわれていましたが、平成6年から規模を拡大し、長崎の冬を彩る一大風物詩となりました』
       (赤い字は、長崎ランタンフェスティバルのホームページより)

うさぎ年の今年のオブジェ。昼間も賑わっておりますが、やはり夕方明かりが入ってからがきれいです。
e0130465_22235636.jpg

イベントもいろいろで、これは蛇踊り。かなり体力が要るようで、30分の間にもメンバーがこまめに入れ替わっておられました。
e0130465_22242050.jpg


e0130465_22245495.jpg
中国楽器 二胡。演奏しているのは現在長崎市在住の中国の方。上海出身のプロです。
二胡というのは椅子に腰をかけて弾くものだと思っていたのですが、この方は違いました。衣装は日本の花嫁さんの打掛をアレンジ。丈を少し短くして、足元は黒のロングブーツ。二胡は体に軽く固定してあり、踊りながら歌いながらの演奏でした。聴かせるだけではなく魅せる~♪♪ 






e0130465_22273638.jpg

  変面です。顔につけている面を一瞬にして、全く違った面に変えるのです。
中国の大きな劇場で何回か見たことがありますが、その度に不思議でした。
…で、この日は間近で見ることができました。舞台から下りて来られて、観客の間を回りながらの変面です!
謎が解けるかと思ったのですが、すぐ近くで見ていても全く分かりませんでした。中国に長~く伝わる変面、さすがです!!!
   
        長崎ランタンまつりは、明日17日までです。
長崎ランタンフェスティバル

e0130465_118125.gif

[PR]

by andante61 | 2011-02-16 12:58

歩数計   

   3Dセンサー???
   小さなボデーに、いろんな機能が入っています。使いこなせるでしょうか。
e0130465_1132463.jpg

分かるかな?と思いながらも買ってしまいました。説明書は苦手です。
一度読んで、すっと理解できればいいのですが、なかなかそうはいきません。
でも、やってみましょう。 ガンバ!066.gif
        
         ↓ 10年位前に使っていた歩数計です。
e0130465_11333193.jpg

          これの説明書。
e0130465_113413100.jpg

10年程前、主人が突然入院。私が病院を行き来していた頃に使っておりました。一日の目標歩数や期間を設定し、それを毎日クリアしていくと、中のキャラクターが可愛く成長していくというものです。 
クリアしないと、キャラクターは悲しんだり家出をしたり。
当時、こういうゲーム感覚の歩数計がいろいろありましたね。落ち込みそうになるとき、私は結構これで励まされたり慰められたりしました。いい年をして、と今では思いますが、このようなものからでも人は力をもらえるんですね。

これの設定も、機械オンチの私には難しかったのですが、その当時出来ましたから、新しく買ったこの若草色の歩数計もなんとか使いこなせないかな~と。
宝の持ち腐れになりませんように。001.gif


e0130465_1531569.jpg
ウン十年前の私?041.gif

[PR]

by andante61 | 2011-02-13 11:40

誕生日 & 大雪   

今日は立春。朝は一面、真っ白な霜。畑も凍りついていましたが、時間と共に気温も上がってきて良いお天気となりました。寒い日が続きましたが、これから少しづつ春が近づいてきてくれるでしょうか。
そしてこの日はマイブログの誕生日でもあります e0130465_20272164.gif

3歩進んでは、2歩下がったり3歩下がったりしながら3年が 経ちました。更新もぼちぼちのつたないブログですが、これからもなんとか続けていければと思っております。
  石の上にも3年。001.gif
  三つ子の魂、百まで。003.gif    
            自分で自分に小さい声で、「おめでとう~」
                        ↓ローソクは、あとプラス2本です(^^)
e0130465_20371843.gif


少し日にちが経ちましたが、1月27日から2泊で、若狭・丹後に行ってきました。自分の記録として、忘れないように少し書いておきたいと思います。

e0130465_2214324.jpg
 一日目 JR博多駅から新幹線で新大阪駅着。迎えの観光バスで琵琶湖の西側を北上。鯖街道・熊川宿に着き、歴史街道の宿場町を散策する予定でしたが、大雪です…というより豪雪でした!(@_@;)  歩くところだけは地元の方が、かろうじて雪かきをして下さっていました。雪中行軍のよう。



e0130465_2255274.jpg
 湧水の名所、瓜割(うりわり)名水では、このような吹雪~~。近くに名水公園があるそうですが遭難しそうで、ツアー客14名、皆、行くのは止めました。その後、国宝三重塔がある明通寺(みょうつうじ)へ。豪雪の中なんとかお参りして、この日は福井県の小浜泊でした。



e0130465_2264036.jpg
 
 二日目 ホテルを出発。バスの中から雪景色を眺めながら、京都府舞鶴市の舞鶴引揚記念館へ。
その後、西舞鶴駅から天の橋立駅まで、北近畿タンゴ鉄道の旅でした。





e0130465_22161245.jpg
 絶景の日本海を眺めるローカル線ですが、こちらも車窓からは雪・雪・雪。
天の橋立駅で下車。バスで伊根港へ。舟屋の町並みを遊覧後、美しい鳴き砂の海岸として有名な、琴引浜へ。その後、ようやく京丹後市の夕食の料理旅館へ。




e0130465_2284025.jpg
 てり吉玄関。

幻の松葉蟹といわれる、間人蟹(たいざがに)のフルコースの夕食。間人蟹は初めてでした。







e0130465_2292698.jpg
 目の前に生きた間人蟹も運ばれてきて…。動いています。
かわいそう~。なんと残酷なことをするのだろう、と思いつつも、活き蟹刺しの踊り食いは絶品でした。2時間半ほどかかって夕食は終わり、この日宿泊の宮津のホテルに向かうバスの中ではまだ、間人蟹の姿がちらちらしていました。



e0130465_2210495.jpg
 三日目 日本三景のひとつ、天の橋立へ。ロープウェイで上がった傘松公園からの股のぞきは有名ですね。(^o^) その後豊岡市の城下町・出石(いずし)を散策。そして、また激しく降り出した雪の中を、豊岡市コウノトリ文化会館へ。





e0130465_22104984.jpg
 コウノトリの卵です。この卵からかえったヒナは、わずか2ヶ月で、羽を広げると1、5mもの大きな美しいコウノトリとなるそうです。雪のこのとき、遠くにでしたが、優雅に舞うコウノトリの姿をを見ることができてラッキーでした。




帰りは姫路駅から新幹線に乗り、博多駅下車。解散となりました。
日本海側の厳しい冬の寒さを身をもって感じた旅でした。

ブログ記事も新幹線のように、しなやかに颯爽と走りたかったのですが(願望)、写真を並べただけになってしまいました。。。。相変わらずの下手な旅行記で恥ずかしいかぎりです。(*^_^*) 



e0130465_14485679.gif
                  
 
    
[PR]

by andante61 | 2011-02-04 14:35