<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

西安の旅 その3 (了)   

4日目
伝統的宮殿様式の外観を持っている、『陝西省歴史博物館』です。

e0130465_13535236.jpg

博物館の敷地面積は約7万㎡、床面積は5万㎡。参観ルートの長さが1500mもあります。私たちはその中の一部を見たわけですが、その広さは見当もつきません。
展示室は年代別になっていて、周・秦・漢・唐の時代を中心に、数千年にわたった都の文物が陳列されています。



e0130465_9435038.jpg
← 中国国内からのツアー客もいっぱいで、中国語、日本語、他にも?語。 各ガイドさんの、熱っぽい説明・解説の声が飛び交っていました。
この博物館は、中国に沢山ある博物館の中でも、広さ・展示物の数などなど、北京の故宮博物院に続いて第2位を誇るそうです。




この後、お土産屋さんや宝石屋さん(本物かな?)等に立ち寄って、お昼になりました。

e0130465_11462527.jpg
← 『広東風飲茶』です。最初の頃は皆さん、食事の写真をたくさん撮っていたのですが、この頃から珍しくもなくなって?(^o^)? あまり撮らなくなりました。私も撮りにくくなってきて002.gifこれ1枚だけです。
この餃子はとにかく大きいのです! 2~3コ分はありました。でも大変美味でした。001.gif




午後、国内線で西安から大連へ。大連での夕食は、『海鮮料理』でした。最後の中華ですので周りを気にしながらも、写真を。この料理は薄味で野菜もたっぷり。皆さんもこれが一番美味しかったと言っていました。016.gif
e0130465_1159428.jpg

夕食の後、夜の大連の街へ。
大連市役所の前の人民広場では、毎晩8:00~8:30まで、水と光と音楽の噴水ショーがあっていて、多くの人で賑わっていました。夜市や展望台、夜の中山広場もきれいでした。
e0130465_15253162.jpg


5日目
ホテルで朝食後、大連空港から無事に福岡空港へ帰ってきました。

福岡の街
[PR]

by andante61 | 2009-09-30 15:20

西安の旅 その2   

3日目
西安は街の中心地が城壁に囲まれたようになっていて、城壁は夜は美しくライトアップされます。
西の城門は、シルクロードの出発地です。
e0130465_1564194.jpg

e0130465_1573058.jpg
西安市の人口は約800万人。その内、大学生が110万人。
中国は、どこの街も人もバイタリテーに溢れていて、エネルギッシュ。しなやかでしたたかで、本気で向き合ったなら、日本など、到底太刀打ちできないだろうと思います。
当然ですね。国力が違います。




e0130465_15173287.jpg
← 『碑林博物館』です。漢代から清代までの3000点以上の石碑を保存してあります。書の名家の作品ばかり。多くの碑石が林立することから、碑林と呼ばれています。
楷書・行書・草書・隷書など各書体の珠玉が揃っていて、書の宝庫と言われているそうですが、私はほとんど読めませんでした。 (^_^;)




                昼食は麺料理と陝西料理でした。
e0130465_15265746.jpg

e0130465_15302155.jpg


← 天竺(インド)から玄奘三蔵法師が持ち帰った経典を納めるために造られた、『大雁塔』です。西安のシンボルになっています。












e0130465_15393754.jpg


← 『青龍寺』
弘法大師空海が修行したお寺で、日中共同で空海祈念碑が建てられていました。












↓ 阿倍仲麻呂の祈念碑がある、『興慶宮公園』の入り口です。安倍仲麻呂は遣唐使に選ばれて、717年、19歳で入唐。唐王朝の高官にまで上りつめましたが、72歳で亡くなるまで、ついに日本に帰ることができませんでした。
e0130465_16155961.jpg

     あの有名な望郷の詩、
         『 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも 』

中学生のとき、授業で習いましたね~。遠い記憶がよみがえります。
当時はこの詩も、さらっと読んでいたと思いますが、年を重ねてきた今は、じ~んとくるものがあります。故郷の奈良を遠く離れて数十年…。故郷を思う気持ちが込められていて…(

公園にあるこの安倍仲麻呂祈念碑には、この詩が刻まれています。
e0130465_2283949.jpg

                     私もだんだん、歴史の先生みたいになってきました。037.gif 
                     中学生の頃、こんなに勉強していたでしょうか。(*^^*)

餃子の名店
[PR]

by andante61 | 2009-09-22 11:37

中国西安の旅 その1   

9月5日から、4泊5日の旅でした。
やはり少しブログに残しておきたいと思います。

1日目
福岡空港から西安への直行便はありません。乗り継ぎです。
瀋陽で乗り継ぎましたので、大分遠回りですね。
しかも瀋陽で、乗り継ぎの待ち時間が2時間50分もあり、「西安は遠いな~」と。
やっと西安着。空港からまっすぐ、夕食のレストランへ。夕食は陝西省の麺料理です。
e0130465_1592898.jpg

麺がいろいろ。味付けもいろいろ。写真には写っていませんが、あと何品かありました。
手前の白いものは冬瓜料理です。冬瓜はうちの畑にもありますよ~。^^
その横の袋に入ったものは、乾燥した梅のようなもの。試食させてから買うように熱心に勧めます。
中国お得意のやり方です。着いたばっかり。誰も買いませんでした。(^o^)

2日目
ホテルでバイキングの朝食後、この旅行で一番のメインの、『世界遺産:兵馬俑坑博物館』へ。
 ↓ この建物の中で、長い間、地下に眠っていた皇帝を守る大部隊が公開されています。
   兵馬俑坑は1号坑・2号坑・3号坑とあり、これは1号坑です。
e0130465_15125850.jpg


  中に入ると……。
e0130465_2159363.jpg

e0130465_2201555.jpg

e0130465_221141.jpg

e0130465_2213294.jpg

e0130465_222264.jpg

e0130465_2222178.jpg

e0130465_2225811.jpg

                  さすがに圧倒されました。。。。。

秦の始皇帝の陵墓を守るように造られた壮大な兵馬俑。
1974年、付近で井戸を掘っていた農民が、偶然に一片の陶片を発見。多数の兵馬俑の存在が明らかになり、世界的な考古学上の大発見の第一歩となったそうです。
6000体を越える兵馬俑は実物大で、一体一体、表情や服装・装備などが異なり、馬も本物そのままです。
精巧な作り。数の多さにも驚きますが、表情もさまざま。まるで生きているかのようで、今にも
動き出しそうです。
「すごいなあ!」 「」素晴らしい!」と、皆、ただ溜息でした。
まだまだ、発掘は続いており、全容は未知数だそうです。

        ↓  割れたり壊れたりしているのを掘り出して…
e0130465_10255733.jpg

   ↓  一体づつ番号をつけて、丁寧に丁寧に修復されていました。修復が終わったら、
      この中にプラスされていくそうですから、数はまだまだ増えていきます。
e0130465_10263091.jpg


    ↓  馬車青銅博物館に展示されている、4頭立ての青銅馬車。
e0130465_10265444.jpg


その後は…
[PR]

by andante61 | 2009-09-15 14:25

初秋 & 西安   

日中はまだ暑いですが、秋は確実にやってきていることを感じます。
あともう少し涼しくなってくれないかなあと、勝手なことを考えています。
e0130465_1327927.gif


少しの間、留守にしていました。
ただでさえ、ぼちぼちブログなのに、ますます遅れ気味に…。007.gif
覚えるのは大変ですが、忘れるのは簡単・早いです。
せめて、今、出来ることを忘れないためにも、もう少し更新を頑張らなければいけませんね。

中国の西安に行っていました。
帰ってきて、すぐ畑を見ました。
こちらもずっと雨なしの晴天続きのようでしたが、野菜も頑張ってくれていました。
オクラは、この種類は初めて作りました。長くて大きいわりには、やわらかくて美味です。016.gif
e0130465_1424963.jpg


e0130465_13431463.jpg


このとき、一緒に取るのを忘れていたミニトマト。遅れて取って、遅れてデジカメでパチリ。
ボケていた私の頭そのままに、見事ピンボケでした。(*^_^*)





広大な中国大陸のほぼ中央に位置する古都西安。昔は長安と呼ばれていました。
シルクロードの出発地で、3000年に渡って栄華を誇った城壁の都。
なんと言っても、世界遺産・兵馬俑が有名です
3連泊した西安のホテルの朝食のバイキング会場で、皆を笑顔で迎えてくれた可愛いお人形~
e0130465_13594217.jpg

写真もたくさん撮ってきましたが、まだまだ整理ができておりません。008.gif
旅の思い出として簡単でも記録できたらと思っておりますが、少し時間がかかりそうです。
あせらず、ゆっくりアンダンテで行きたいと思っております。
[PR]

by andante61 | 2009-09-10 14:30