武陵源&鳳凰古城の旅 その5 (了)   

5日目の午後は王村を観光。
王村は、80年代の中国映画の名作、『芙蓉鎮』のロケ地にもなったところです。
中国の文化大革命を描いた映画で、日本でも話題になったそうです。
e0130465_16262495.jpg

     たくさんの観光客で賑わっていました。 中国は今、古鎮ブームだそうです。
             ここも、両側にたくさんのお店が
e0130465_1633485.jpg

e0130465_16341991.jpg

      ↓ 『招財蛙』  財を招いてくれる蛙さんです。
        口にくわえている棒のようなもので背中をなでると、ゲロゲロと鳴きます016.gif
e0130465_1635489.jpg

        ↓ お店の間からは、このような景色も見られました。
e0130465_16413371.jpg


e0130465_16444381.jpg




その後バスで張家界に戻り、最後の夕食。ビール2種。値段ははっきり覚えていませんが、上海や北京などと比べると、かなり安かったようでした。それだけ田舎ということでしょうか。001.gif











22:30張家界空港発の飛行機で上海へ。上海には空港が二つありますが、これは国内線です
ので虹橋空港に着きます。(国内線でも、浦東空港に着くこともあります) 
00:15着の予定が飛行機が遅れて、着いたのは00:40。もうとっくに日付が替わっています。

こういうときに限って、同行の方のスーツケースが一部破損していました。
日本に帰ってから保険で修理できるように、添乗員さんがいろいろ手続きをして下さいましたが、
大分待たされました。 皆、眠そう~019.gif

やっと今夜泊まるホテルに向かうことになったのですが、この近くではありません。
明日、日本に帰る飛行機は浦東空港から飛びます。今夜のうちに浦東空港の近くまで行って
おかないと、明日の朝では上海万博の影響などもあって、渋滞するのは確実です。
というわけで深夜、ここからバスで約1時間の移動。浦東空港の近くのホテルにやっと着きました。
                                               やれやれ。042.gif 
                  シャワーや荷物の整理などなどで、就寝は3:00近く。
                  こんなに夜更かししたのは何十年ぶりでしょう。026.gif

6日目
ホテルで朝食後、浦東空港へ。すぐ着きました。(^o^)/
11:00上海浦東空港発の飛行機で、1時間30分で福岡空港着。
お蔭さまで無事に帰ってくることができました。

 
    ー追記ー
 古鎮とは?というようなコメントをいただきました。私は、「歴史ある古い町」程度に思って
 いたのですが、もう少し詳しくと思い調べてみました。私のネット検索ですから、たかが
 知れていますが(^_^;)、一番分かり易いと思われた解説を記しておきます。

    鎮は町をさす言葉なので、直訳すれば古い町という事になります。
    古鎮は、古い街並みの残る風情ある町といったところで、必ずしも歴史的事柄のあった
    名所旧跡とか有名な神社仏閣があるという訳ではありません。そういうのがある古鎮も
    もちろんありますが。


e0130465_913079.gif

梅雨に入り、今日も朝から雨です。庭も畑も十分潤って元気になりました。ちょうど良い頃合い
なのですが、これからもっともっと降るのでしょうね。バランス良く降ってくれないかなあと…。(*^^*)

   もともとカメの歩みの私のブログ。
   所用・雑用にも追われて遅くなりましたが、やっと今回の旅の終わりとなりました。
   これからもまたぼちぼちと、ゆっくりゆっくり歩いて行きたいと思っております。
[PR]

by andante61 | 2010-06-18 14:43

<< 雨 武陵源&鳳凰古城の旅 その4 >>